検索
  • kunisann

会話の主導権が誰にあるかを意識してみる。

こんにちは、

育ちエスコーターkunisannです。


投稿に関心を持ってくれてありがとうございます😊



先日久しぶりに1人で過ごす時間を

持つことができました✨



突然のことだったのでいろいろ悩んだのだけど、

出した結論は

「prime videoで映画観る」でした!

なんと3本立て!

どれも感動もので涙がこれ以上出ないやろ

というとこまでひとりで泣いたのです。



こんなに泣いたのも久しぶりでしたよ。

デトックスしっかりできて

明日からも楽しむぞー!

って元気になりました



皆さんは、1人の時間をどう過ごしていますか?



++++


ひとりひとりのお母さんが

自分にしかできない子育てと

自分だからできる生き方を

見つけてほしい。


それを実現できるきっかけでありたいです。


+++



子どもを

勇気づけるための3つのポイント

○信じる

○聴く

○待つ


生活の中で意識することはできてますか。

意識すれば、

親子関係が以前とは少し違うな

と感じるはずです。


大きな変化を期待するのではなく

小さな変化を楽しみましょう。



そして、

今回は「聴く」を考えてみようと思います。



××××






お子さんの声。聴くことができていますか?


できてます。

なるべく聴くようにしています。

あまりできていないかも。


お母さんに尋ねてみると、

いろんな答えが返ってきます。



私自身は、聴いてるとは思うけど、

子どもはどう思ってるんだろうな。



たぶん私の言い分だけ伝えようとして、

子どもの言い分が聞けてない時がよくあるかなぁ。



意識していかないと、

ついつい自分のことばかりしゃべってしまって。



後になって

「あ~。聴けてなかった・・。」

と思うこともしばしば。



でもその時が、

いろんなことを意識するスタート地点。

と思うようにしています。




それに

「聞く」になっていて

「聴く」ではないかも。



耳から自然に入ってくるのが「聞く」で、

耳を傾けるのが「聴く」。



ついつい、家事をしながら聞いてたりすると、

子どもはそのことに気づくので、

聴いてもらおうとひつこくしたり、

逆に諦めたりもします。




では、

「聴く」ためには

何を意識すればいいのでしょうか。




私は今までたくさんの親子と関わってきました。

今でこそゆっくりと時間をかけて聴くのですが、

以前はその時間が限られていました。



短い時間でも聴いてもらえたと感じるために

どうしたらいいんだろうと考えました。



考えながらたくさんの親子と関わる中でわかってきました。



「聴く」は、「主導権をゆずる」ことだったのです。

自分だけが話していると感じるときは、

自分に会話の主導権があるのです。



耳を傾けようとするだけではなく、

会話の主導権をゆずると意識した時は、

より相手が次のようにおもってくれます。




○聴いてもらえた
○自分を知ってもらえた
○自分のことを信じてくれている



今日からでも子どもに「主導権をゆずる」を

1日5分から始めてみませんか。



親子の間の空気が変わるのを実感できると思います。




××××


最後まで読んでもらいありがとうございます😊


誰か1人でもこころの在り方に変化があり、

自然体で子育てをできれば嬉しいです😆


いいなと思ったら、いいね!シェアなどよろしくお願いします。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示